ひとりのお昼ごはん 2 – ひとりじゃないときも常備菜で

夏休みがすんだと思ったらシルバーウィークや文化祭の代休で毎日お昼ごはんを作っています。そんなときも常備菜が活躍。忙しくてもぱぱっと用意できます。

紫キャベツのコールスローとじゃことシシトウの佃煮

普通のキャベツでもいいのですが、ちょっと目先が変わるので紫キャベツを使って見ました。

2015-07-20 13.37.24

 

①紫キャベツ1/4個、玉ネギ中1/4個を刻んでそれぞれ塩小さじ1/2でしんなりしたらさっと水洗いして絞る。

②マヨネーズ、オリーブ油、酢各大さじ2をボールに入れてよく混ぜ、①を加え、こしょうで味を調える。

じゃことシシトウの佃煮は、飛田和諸さんの「常備菜」のレシピです。

“ひとりのお昼ごはん 2 – ひとりじゃないときも常備菜で” の続きを読む

十人十色広島編・大阪編2015

2013-05-21 13.04.37

 

7月に東京で行った勉強会については以前このブログのEvernote活用法の記事で少し触れましたが、10月に広島(1日)と大阪(2日)でも同じ形式で開催します(2013年に続き2回目)。

学び合いの場として

どんなお仕事もそうだと思いますが、翻訳もプロであり続けるには常に勉強が必要です。セミナーに通ったり本を読んだり、方法はいろいろですが、同業者同士が互いに自分のやり方を見せて学び合うというのも思いがけない効果があります。自分が当たり前と思ってやっていることが他の人には新鮮だったり、自分がいつも困っていることを別の人がいとも簡単に解決していたり、目からウロコが落ちること落ちること。さらには普段あまり会うことのない翻訳者同士のつながりもできますし、自分の立ち位置や進むべき道が見えてきたりもします。

“十人十色広島編・大阪編2015” の続きを読む

ゴーヤ・ゴーヤ・ゴーヤ!

 

ゴーヤを買ってきた日にお友達からいただき、ゴーヤが2本になっていましました。そこで2本とも半分に切って種とワタを取り、刻んでさっとゆで、冷蔵庫に。何日かゴーヤづくしになりました。 

ゴーヤチャーハン

まずはゴーヤチャーハン。常備菜にしていた煮豚と玉ネギを炒め、ごはんを入れて塩味を付け、最後にゆでたゴーヤを混ぜ込みました。お肉は豚コマでも焼き豚でもいいと思います。盛り付けてからふわとろ半熟卵を載せただけですが、シンプルでおいしかった!チャーハン食べたいなあ、と思い、冷蔵庫にあるもので作ったのですが、最近では1番のヒット作でした。

2015-08-12 19.33.28

“ゴーヤ・ゴーヤ・ゴーヤ!” の続きを読む

翻訳者のための青色申告(3)事業主貸と事業主借

2012-08-02 13.05.09

 

魔法の言葉「事業主貸と事業主借」

翻訳者のための青色申告(1)はじめの一歩で、「事業用の通帳に個人のお金の流れは排除する」ようお薦めしましたが、通帳のスリム化は進んでいますか?

とはいえ、毎月の生活費を引き出したり、経費支払いに個人のお金を使ったりするので、まったく排除することはできません。そんなときに便利なのが「事業主貸と事業主借」です。事業のお金と個人のお金の間でやりとりがあったことを示すのが「事業主貸と事業主借」なのです(ただし、法人の場合はこの勘定科目はありません)。

 事業主貸は、事業から個人に流れたお金です(事業のお金を個人のお金に入れた場合、事業のお金で個人の支出をした場合) 。簡単に言うと「事業主に貸したったでー」ということです。

事業主借は、個人から事業に流れたお金です(個人のお金を事業用の通帳に入金した場合、あるいは個人のお金で事業用の支出をした場合)。つまり「事業主から借りてまっせー」という意味です。

“翻訳者のための青色申告(3)事業主貸と事業主借” の続きを読む

Evernote – 私の活用法

 

2015-06-28 15.24.07

Evernoteってご存じですか?ノートを取るように、またはスクラップブックのように、情報を蓄積できるデジタルのワークスペースです。クラウドにデータを保存・整理し、メモや文章を書き込み、必要な情報を収集、それらを検索して必要な情報を簡単に見つけることができます。(キングジムHPの説明がわかりやすいです)

Evernoteでは集めたデータ一つ一つをノート、それを入れるフォルダをノートブックと呼んでいます。またそれぞれにタグを付けておくと(複数可)、Twitterのハッシュタグのようにタグでノートを検索閲覧できます。

Evernote

“Evernote – 私の活用法” の続きを読む

ひとりのお昼ごはん

家で仕事をしていると、お昼ごはんはたいてい一人です。前の日の夕食や子供のお弁当の残りですませることも多いのですが、健康のためにも野菜中心のお昼ごはんを心がけています。また納期が迫っていると食事がおろそかになりがち。忘れてしまうことさえあります。そこで最近は時間のあるときに常備菜をまとめて作るようになりました。

残り物プレート

お弁当のおかずを多めに作って朝プレートに並べておきます。すぐに食べられるし、冷めたときの味も確かめられます。ただ、子供が朝ご飯で全部平らげてしまって余らないこともしばしばです。

2015-05-13 08.21.32

 

海水漬け

NHKのあさイチ、スーパー主婦のがんばらない家事レシピ。水500ccに塩大さじ1、出し昆布8センチに好きな野菜を漬けます。あくの強いほうれん草などを除けば何でもよいそうです。浅漬けほど塩分がないので、少ししんなりするくらいで、冷蔵庫で5日間、新鮮さが保たれます。その日の気分でいくつか刻んで(昆布もOK)、ゴマや鰹節、ごま油やポン酢、ドレッシングなどをかけてサラダがわりにいただけます。もちろんお弁当の彩りにも。

2015-06-14 18.58.09-1

“ひとりのお昼ごはん” の続きを読む

本屋さんへ行こう!シリーズ2「ひと月限りの<ぽえむ・ぱろうる>(リブロ池袋本店)」

 

今年3月初め、リブロ池袋本店が閉店するというニュースは私たち翻訳者仲間を驚かせました。本店に思い出のある方も多く、惜しむ声をあちこちで聞きました。私も学生時代に通った本屋さんなので閉店までに一度は、と思っていたところ、Twitterで「ひと月限りの<ぽえむ・ぱろうる>」(6月1日~リブロ閉店まで)という企画があることを知り、さっそく訪ねてみました。 

リブロと思潮社のタッグ

2015-06-06 10.03.17

 

1975年~2006年まで西武ブックセンター/リブロの一角にあった「ぽえむ・ぱろうる」は、実は「現代詩手帖」を出している思潮社が出店していたのだそうです。私も80年代によく通いましたがとっくに絶版になっているはずの詩集が並んでいた理由が今になってわかりました。今回もリブロからの提案で協力されています(思潮社HP)。私がお話をうかがっている時も思潮社の方が補充用の本を持ってこられていました。 

“本屋さんへ行こう!シリーズ2「ひと月限りの<ぽえむ・ぱろうる>(リブロ池袋本店)」” の続きを読む

個性的な紙の辞書と東ドイツ時代の本

約1年前に引っ越して以来、本の整理を進めています。検索ができるように電子化もしているのですが、よく使う辞書には紙の辞書もたくさんあります。 

テクニカルライター英和辞典

「key」というと鍵やキーボードのキーが思い浮かびますが、技術翻訳では機械要素のキーがよく出てきます。「機械用語大辞典」(日刊工業新聞社)には「回転軸に歯車やプーリなどを固定して,トルクを伝達する場合に用いられる機械要素の一つ」と書かれています。この用例を載せている辞書は少なく、あの海野さんの辞書にも訳語は載っていますが数百ある例文には(ざっと見ただけなので見落としているかもしれませんが)見当たりません。そこで仕事机の横のスタンド形本棚に置いている「テクニカルライター英和辞典」(三省堂; 増補新装版)を見てみると「(キー;回り止め、抜け留め用の)くさびキー」という訳語と共に多数の例文と図も載っています。

例:

… secured by a key against turning キーで回転を阻止されている…

訳語だけではどういうものか把握しにくいので、コンパクトな辞書ですが手放せません。

ずっと絶版で、古書が2万円もする時期があったのですが、2008年にインデックスを加えた増補版が出ました。このような辞書が再版されることは珍しいので、多くの方の支持があったのだと思います。 

“個性的な紙の辞書と東ドイツ時代の本” の続きを読む

翻訳者のための青色申告(2) - 節税の計画を立てよう

 

2012-05-07 10.44.56

 

今年から青色申告に切りかえた方はそろそろ記帳指導が始まる頃ですね。最初は何が経費にできるのか、どの費目に仕分けたらいいのか、というようなことで悩まれると思いますが、記帳指導で相談できるので安心です。このブログではもう少し全体を見たいと思います。

 売上と経費のバランス

経費はいくらぐらいまで認められるのでしょう。私が以前お話をうかがった複数の税理士さんは、だいたい売上の1/3から半分までなら問題ないとおっしゃっていました。目安として国税庁HPで給与所得控除を見てみると、例えば給与所得が3,600,000円~6,600,000円で収入金額×20%+540,000円となっています。個人事業主は交通費や交際費も自前なので、これよりも多少多くてもよいのではないでしょうか。

売上げが増えても、経費はそのうち頭打ちになります。私の場合どんなにがんばっても150万から250万程度です。経費といっても自分のお金ですので、節税のためだから、とむやみに使うと自分のお金がなくなります。それよりも別の手立てを考えましょう。

  “翻訳者のための青色申告(2) - 節税の計画を立てよう” の続きを読む

類語辞典、あるいは辞書の類語辞典的使用法 – 翻訳者は中1で習う単語も辞書で引く

翻訳する時、訳語を考える上で欠かせないのが類語辞典です。今日は私が日頃使っている類語辞典をご紹介します。

翻訳訳語辞典

私がよく使うのは翻訳家の故山岡洋一さんが作られた「翻訳訳語辞典」です(WEB辞書)。信頼できる翻訳家が邦訳した本と、日本語で書かれた本の英訳を出典にして(出典も明示)、実際に使われた訳語を集めたデータベースです。通常の英和辞典の不備を補うことを目的としており、英和辞典にない訳語を多数収録しています。また活用(collocation)も重視しています。(詳細はこちら

character、aspect、allowなど、こなれた訳にしたいと四苦八苦する語は頻出単語でもあります。何時間考えても思い浮かばないこともしばしばです。

翻訳訳語辞典でexperience を引いてみました。上段には訳語が表示されます。

“類語辞典、あるいは辞書の類語辞典的使用法 – 翻訳者は中1で習う単語も辞書で引く” の続きを読む