翻訳者のための青色申告(2) - 節税の計画を立てよう

 

2012-05-07 10.44.56

 

今年から青色申告に切りかえた方はそろそろ記帳指導が始まる頃ですね。最初は何が経費にできるのか、どの費目に仕分けたらいいのか、というようなことで悩まれると思いますが、記帳指導で相談できるので安心です。このブログではもう少し全体を見たいと思います。

 売上と経費のバランス

経費はいくらぐらいまで認められるのでしょう。私が以前お話をうかがった複数の税理士さんは、だいたい売上の1/3から半分までなら問題ないとおっしゃっていました。目安として国税庁HPで給与所得控除を見てみると、例えば給与所得が3,600,000円~6,600,000円で収入金額×20%+540,000円となっています。個人事業主は交通費や交際費も自前なので、これよりも多少多くてもよいのではないでしょうか。

売上げが増えても、経費はそのうち頭打ちになります。私の場合どんなにがんばっても150万から250万程度です。経費といっても自分のお金ですので、節税のためだから、とむやみに使うと自分のお金がなくなります。それよりも別の手立てを考えましょう。

  “翻訳者のための青色申告(2) - 節税の計画を立てよう” の続きを読む

翻訳者のための青色申告(1) - はじめの一歩

Aoiro

出てていくお金を減らそう 

収入が不安定になりがちなフリーランスですが、工夫次第で出ていくお金を減らす余地はたくさんあります。入ってくるお金を増やす努力をすると同時に、節税や経費節減によって実収入を増やしましょう!その第一歩が65万円の所得控除が受けられる青色申告です。どのくらい節税できるか、こちらでシミュレーションできます。

個人事業主のかんたん税金計算シミュレーション

青色申告は思っているより簡単

翻訳業は仕入れもなく買掛金も在庫もありませんし、外注せずに一人で仕事をしている場合や専従者を使わない場合は特に記帳が簡単にすみます。またパソコンも安価になり、面倒な減価償却が必要となる物品もほとんどありません(あったとしても会計ソフトがすべて計算してくれます)。

“翻訳者のための青色申告(1) - はじめの一歩” の続きを読む

コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べ女子部

コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べ

投資信託を使って毎月コツコツと積み立て投資を行っている人、これから始めようと思っている人が集まって情報交換する場を提供する目的で、5年ほど前から毎月第一水曜日に六本木で「コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べ」が開催されています。

長年手弁当で幹事を務められているのは、月刊「投資信託事情」発行人・編集長の島田知保さん、ファイナンシャル・ジャーナリストで「新・投資信託にだまされるな!」などのご著書がある竹川美奈子さん、「rennyの備忘録」のアルファブロガーrennyさんの3人で、5年間皆勤またはほぼ全回出席されています。投資はギャンブルというイメージを修正し、普通の人が無理なくできる投資の普及を欲得抜きで目指しておられると思います。

“コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べ女子部” の続きを読む