Just Right!の使い方

 

2013-10-21-13-00-23

先月Just Right!6Pro が発売されました。私もすぐに購入したのですが、忙しくてインストールがまだです。何がどう進化したのかまだわからないのですが、WordやPowerPointへのアドインなど、Just Right!5Pro でもできた機能を知らないという方も多いようでしたので、まずJust Right!5Proで説明します。

 Word、Excel、Outlook、PowerPointにアドインを設定

Just Right!では他のアプリケーションの文章を読み込んで、校正し、その修正を書き戻すことができます。Word、Excel、Outlook、PowerPoint、Internet Explorerで可能です。

通常、Just Right!5 をインストールするとアドインも設定されるはずですが、もし設定ができなかった場合は手動で設定できます。 

続きを読む →

ディストピアの地平 – クッツェー『イエスの幼子時代』

2016-10-25-16-56-32

 

クッツェー。名前は知っていた。ノーベル賞受賞(2003年)も知っていた。1940年南アフリカのケープタウン生まれ?アフリカーナー?(アフリカ南部に居住する白人のうち、ケープ植民地を形成したオランダ系移民を主体に、宗教的自由を求めてヨーロッパからアフリカに入植した人々が合流して形成された民族集団)。未知の世界だ。1961年に英国に渡り、1965年に渡米、VISA取得がかなわず、1971年に南アフリカに帰国、2002年、オーストラリアのアデレードに移住、2006年にオーストラリアの市民権を取得!4大陸を漂浪した作家に俄然興味が湧き、邦訳最新作『イエスの幼子(おさなご)時代』(J・M・クッツェー著、鴻巣友季子訳/早川書房)を読んでみた。

過去を捨てノビージャという架空の国に、縁あって二人で逃げてきた初老の男シモンと孤児ダビード。新しい名前を与えられ、新しい人生を始める。公用語はスペイン語だが、シモンもダビードも(過去に何語を話していたかはわからないが)スペイン語を流ちょうに話し、言葉による齟齬(そご)はない。仕事も住居もあてがいぶちながら、普通の暮らしを二人は手に入れる。

続きを読む →

翻訳者のための青色申告(8) – マイナンバーの提供について

2012-09-24 13.09.51

個人事業主として翻訳のお仕事を受けていると毎月支払を受ける際に所得税が源泉徴収されます。今年度から、会社が税務署に法定調書を提出する際にマイナンバーの記載が必要になりました。(ただし翻訳者宛の支払調書には記載されません)。 

個人のセキュリティの観点から提供を断る方も多いかと思います。拒否する旨書類を提出し、その書類を相手の会社で保管されていれば、法的には問題はありません。

届けるか届けないかは個人の自由です。そういう裁量が個人に与えられていることはありがたいなと思います。

続きを読む →

翻訳者のための青色申告(7) – 翻訳者(文筆業)が入れる国民健康保険組合

2012-07-02 13.07.15

 

平均的な収入の翻訳者にとって税金のうち最も負担が大きいのは「国民健康保険税」でしょう。「申告所得額(各種控除前)」に基づいて計算されるので、節税対策の効果があまり及ばないからです。

そこで、翻訳者が入れそうな国民健康保険組合を調べてみました。たいていの場合地方自治体の国民健康保険より保険税は安くなるようです。ホームページの画面に申告所得額を入れてシミュレーションできる組合もあります。

見つけた組合は4つ(東京芸能人国民健康保険組合、大阪文化芸能国民健康保険組合、京都芸術家国民健康保険組合、文芸美術国民健康保険組合)ですが、加入は指定の職業についているか、指定の所属団体に属している個人事業主であることが条件となっています(法人事業所の事業主及び従業員は加入できません)。

また認可地域(住民票の住所)にも制限があります。残念ながら全国を網羅しているものは1つだけで、あとは首都圏と関西圏が主です。

本人だけでなく家族も加入できますが、世帯全員の加入が必要な組合もあります。また、組合員の推薦人が必須の組合もあります。

続きを読む →

涼しげに暮らす

暑い夏がまたやってきました。

家で仕事をしていると、気分がふさいでくることがあります。時々テーブルの上に飾り付けして涼しさを演出し、楽しく暮らす工夫をしています。大切にしているちょっと高価なものもありますが、100均で気に入った形の花びんやキャンドルホルダーも大活躍です。

夏の夜空をイメージ

紺地に銀粉を散らしたようなスカーフで、天の川を描いてみました。子供が小さかった頃の思い出がつまった貝殻を置いて。

2016-07-17 14.11.14

続きを読む →

「翻訳書の編集者の視点」 翻訳勉強会「十人十色」 セミナーのお知らせ

 

10_10

翻訳勉強会「十人十色」はFacebook上の翻訳者グループで、翻訳者同士の情報交換を行ったり、勉強会やセミナーを開催したりしています。実務翻訳者はもちろん、映像、出版(フィクション、ノンフィクション)、多言語の翻訳者が、国内だけでなく海外からも参加していまです。

このたび初めての試みとして、出版翻訳(文芸)のセミナーを開催することになりました。

「翻訳書の編集者の視点」

~担当翻訳書100冊超の編集者が語る出版翻訳の世界~

講師はフリーランスの編集者、鹿児島 有里さんです。

【講演概要】

出版社所属の編集者として、フリーランスの編集者として、さまざまなジャンルの翻訳書を作ってきた経験をお話しします。編集者が求める訳文、翻訳者とは? そのために、編集者がすることは? コンテンポラリーな新作と古典の新訳では、やることは違う?

ベテラン翻訳者から学んだことはもちろんたくさんありますが、新人翻訳者から学んだこともあります。編集者としての私は翻訳者のみなさんに育てていただきました。自分が得たことを他の翻訳者の方々にもお伝えできればと思っています。

続きを読む →

春キャベツでエトセトラ – 久しぶりに一人のお昼ごはん

 

春はキャベツがおいしいですね。うちでは一玉買ったら半分を粗い千切りにしてさっと熱湯にくぐらせて冷蔵庫に常備しています。いくつか簡単なレシピをご紹介します。

 じゃこポン和え

湯通ししたキャベツは先にポン酢であえておきます。大さじ1~2杯のゴマ油をフライパンで熱し、ちりめんじゃこをからっと炒めてゴマ油ごとキャベツに掛けて混ぜるだけ。

2016-04-29 11.08.32

刻み塩昆布和え

青しそは粗い千切り、きゅうりは輪切りにして塩で揉み、さっと洗って絞っておきます。湯通しキャベツにきゅうりとしそ、刻み塩昆布を適量混ぜ、昆布が柔らかくなったらできあがり。青しその代わりにミョウガの千切りでも。

2016-04-29 11.02.44

続きを読む →

春の映画特集、集めました!

2016-04-12 15.04.38

この春、普段は映画館では見られない古い映画や珍しい映画がたくさん上映されます。自分でもどれに行こうか迷っていたので、ついでにまとめてみました。

ヴィスコンティと美しき男たち~アラン・ドロンとヘルムート・バーガー

会場:YEBISU GARDEN CINEMA

期間:5月14日(土)~6月10日(金)

プログラム

イタリアが生んだ巨匠ルキーノ・ヴィスコンティ監督。その生誕110年&没後40年を記念した、映像の世界遺産ルキーノ・ヴィスコンティ後期の代表作2本、『山猫』と『ルートヴィヒ』。デジタルリマスター版

検証日本映画Vol. 16 成瀬巳喜男 静かなる、永遠の輝き

会場:池袋・新文芸坐 

期間5/16(月)~6/2(木)※5/27~29は別番組 

プログラム(チラシPDFのダウンロード)

時にじりじりと自らの生を燃やし、時に諦念の淵に人生の影を見る女たち、市井の人々の生活に寄り添い、人の心の綾を静謐なまなざしで紡ぎ、人生の哀歓を繊細で緻密な演出で織りなす、名称・成瀬巳喜男の世界

私は幸田文原作の『流れる』と林芙美子原作の『浮雲』が観たいなあ。

続きを読む →

焼いたトマトはいかが?

暖かくなったり、急に寒くなったり、献立も思いつかない毎日です。

寒い日はサラダよりも温野菜がおなかに優しいですね。最近トマトを焼いたり煮たりするのに凝っています。いくつかご紹介します。

ロールキャベツとトマトのグラタン(ラザニア風)

ロールキャベツは煮物にするのが定番ですが、ちょっと飽きたのでトマト、ブロッコリー、ベーコンと一緒に焼いてみました。お皿にトマトソースを敷いてから材料を並べます。

2016-02-29 20.38.15

続きを読む →

翻訳者のための青色申告(6) – 申告後の書類保管と次年度の作業

 

2016-03-08 13.06.26

この2週間、当ブログのアクセス数がいつもの倍ぐらいあったので、申告される方が見てくださっているのかなと思っていました。ありがとうございます。初めての青色申告、無事終わられましたか?ずっと白色申告されてきた方にとってはさほど難しくはなかったかもしれませんが、困ったこと、悩んだこともあったのではないかと思います。1年たつとまた忘れてしまうので、気がついたことはメモしておくと来年助かります。私の手元には最初の頃のメモがまだ残っていますが、今でも役に立つことがあります。

 申告後の作業 – 書類の保管

提出した申告書、決算書等の控えはもちろん、帳簿(私は総勘定元帳を印刷しています)、領収書や通帳などは原則として7年間の保管が義務付けられています。

国税庁サイト「記帳や帳簿等保存・青色申告

ここを見ると、データのみで保管したい場合は届出が必要です。

続きを読む →