村井さんちのオーブン焼き – 1日遅れのこどもの日バージョン

GW前半は仕事、後半は風邪っぴき。兜も天袋から箱は出したのですが結局飾れなかった私です。GW最終日の今日は、1日遅れのこどもの日バージョンということでまた村井さんちのオーブン焼きを作りました。

連子鯛のハーブ塩焼き

連子鯛(れんこだい)が冷凍してあったので、ハーブ塩で味付け。ちょっと目が怖いw

2015-05-06 19.21.25

そのほかの材料は、タケノコ、プチトマト、ねぎ、新じゃが、かぼちゃ、ゴボウ、ピーマン、鶏もも肉、ウィンナ。

下ゆでしたのはじゃがいもとタケノコだけ。たっぷりめに塩をして、150度から最後は200度にして全体で約30分。

2015-05-06 19.54.53

ちょっとローズマリーを入れすぎて、家族にいやがられてしまいました。食べるのに邪魔だそうです。タケノコは下ゆでしてあるものを買ったのですが、はずれが当たったのか、ちょっと苦みがあって残念でした。プチトマトはおいしくてすぐになくなりました。鯛もハーブの香りで生臭さがまったくなく、骨からほろっと取れる身がやわらかでした。そうそう、子供ってこういう魚の目が好きでしょ(笑)。久しぶり!といって両目とも食べてました。

あっという間のゴールデンウィークでした。さあ明日から仕事です。 

村井さんちは翻訳家

オーブン焼きでブレイクした村井さんですが、職業は翻訳家。

村井さんのブログ

そしてもうすぐ訳書が出ます。この本を翻訳されている頃の村井さんはSNSごしにも大変そうに見えました。渾身のお仕事だそうです。とうとう出るのですね!そしてローラさんってどういう方なのか、そちらも興味津々です。

5月16日追記:HONZに書評が掲載されました

 

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です